マンションの外壁塗装について考える

マンションの外壁塗装について考える 外壁塗装は外壁の色を変更したり、新築の状態のようにきれいにすることが目的ですが、実は一番の目的は建物の劣化を防ぐことだと知っている人はどれだけいるでしょうか。
例えば、一軒家であれば、10年から15年間隔で外壁の塗装をするのが理想になります。
なぜなら、外壁の塗料は耐用年数が10年から15年になっているのが一般的だからです。
もちろんそれ以上高い塗料も存在しますが、一軒家で20年も耐用年数がある塗料を使う人はあまりいません。
では、マンションの場合はどうでしょうか。
マンションは通常5階建て以上の物になりますが、最近は10階建て以上の建物も増えて来ています。
マンションを建築する段階では、外壁塗装の塗料は出来るだけ耐用年数の長いものにしてあります。
一般の家庭でよく利用されているシリコン系の塗料が13年から15年が耐用年数だとしたら、マンションで利用する塗料は耐用年数が20年ほど塗料であることが多いのです。
確かに耐用年数の長い塗料を使うと初期の段階で多くの出費があります。
ですが、耐用年数10年の塗料と耐用年数20年の塗料を比べると、塗り直しが少ないという点で、耐用年数が20年の塗料の方が結果的には安上がりになるのです。

マンションの外壁塗装の診断について

マンションも長い期間が過ぎてしまうと、外壁塗装がはげてしまうことが多いので、修繕をする必要があります。
どのくらいの費用や修繕期間が必要か、施工業者に診断してもらうといいでしょう。
マンションの外壁塗装は保護と美観性の観点において診断します。
劣化調査では建物を保護する塗膜、防水材、タイル、シーリングの状態を調査し、美観性では塗膜の変色やタイルの汚染などを調査します。
調査をしたあとは結果をまとめて必要とされる工事の内容を写真で詳しく説明し、説明した施工提案書を提出します。
見積もり書は、施工提案書の写真とあわせて確認できるようにすることが多いです。
気をつけなければいけないのは、マンションの外壁塗装の診断を悪徳業者に依頼することです。
悪徳業者は、大袈裟に外壁塗装の修繕を訴えてくるので、本当はそれほど修繕の必要がないのに修繕の必要があるかのように訴えてきます。
料金も今なら特別割引で修繕をおこないますと言ってくる悪党業者もいますが、怪しいと思ったらその場で即答しないようにしましょう。
見積もりは少なくても3社以上からとることが大事で、1社しか見積もりを取らない場合は、相場がよくわからないので、高額な費用でも依頼してしまうこともあります。